キャピトル・ヒルからクロスアイランド・ロードを南下し小道を入った所にある祠。
終戦後に人々が「生き長らえたことを神に感謝」してサンタ・ローデス・マリア像をこの地に安置しました。
祭壇の手前にある井戸水は奇跡を起こした聖水と伝えられています。
毎年2月に行われる、この地区のフィエスタ(カトリックの信仰祭)は有名。