サイパン中央部にあるガラパン地区から歩いて10分ほどの場所にある北マリアナ諸島の歴史と文化を紹介する博物館。
スペインの難破船から引き揚げられた壺や財宝の数々や、日本統治時代の生活様式がうかがえる資料などが見どころ。

建物は1922年に建てられた日本統治時代の日本病院跡を改築して1998年に博物館としてオープンしました。
建物の改修のため2015年より一時閉館していましたが、2018年にリニューアルオープン。