サイパン島の東側、入り江にポッンと浮かぶ石灰岩でできた小さな無人島で、たくさんの海鳥の生息地になっています。
自然保護区のため上陸することはできませんが、対岸に整備された展望台があり、そこから美しい景観を眺められます。

日本統治時代には「月見島」とも呼ばれ、月見の名所として知られていた場所でもあります。
同じくサイパン島の東側にあるグロットスターゲイジングツアーの行き先にもなっており、入り江の付近一帯は美しい夜空が見られるエリアとして親しまれています。