入国ビザと入国審査料

マリアナにはアメリカのビザ免除プログラム(VWP)とは別に、グアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)があります。

日本国籍の方が観光目的で北マリアナ諸島へご旅行される場合、45日以内の滞在でしたらESTAを申請せずにグアム-北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)を利用しての入国が可能です。
45日以上、90日以内の観光旅行でしたら米国のビザ免除プログラム(VWP)の利用となりESTAの申請が必要となります。

2009年11月28日のGuam-CNMI VWP施行に伴い、入国審査料(7米ドル)が新たに徴収されることになりました。入国審査料の支払いは航空券が発券される際に併せて徴収されます。

<ご注意>
入国に関する情報は予告なく変更となる場合があります。必ずU.S Customs and Border Protectionのホームページなどで最新の情報をご確認いただくか、米国大使館へお問い合わせください。
また、日本在住の日本国籍以外の方(日本の永住権をお持ちの方も含む)、日本国籍の方の一部の国(イラン、イラク、スーダン、シリアなど)への渡航歴による入国への影響に関しても、ビザ免除プログラムの対象外となり、ビザ申請が必要となる場合があるため、米国大使館で必ず最新の情報をご確認ください。

 
 

ビザの免除について

日本国籍の方が0日~45日間の滞在をする場合

グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム(GCVWP)を利用したビザ免除の入国が可能で、ESTAの申請は任意となります。

<日本在住外国籍の方>
※中国国籍の方は、米国国土安全保障省のウェブサイトの“Significant Economic Benefit”をご覧ください。(英語)
※ ロシア連邦国籍の方はCBPのウェブサイト(英語)をご覧ください。

日本国籍の方が46日~90日間の滞在をする場合

米国のビザ免除プログラム(VWP)を利用したビザ免除の入国が可能で、ESTAの申請が必要となります。

ESTA(電子渡航認証)の詳細(在日アメリカ大使館・領事館)
ESTA公式申請サイトはこちら(米国国土安全保障省・税関国境警備局)

<ご注意>2010年9月8日よりESTA申請は有料となりました。

日本国籍の方が91日以上の滞在をする場合は、アメリカ大使館でビザの申請が必要です。

【グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)参加国(2016年11月現在)】
オーストラリア、ブルネイ、香港、日本、マレーシア、ナウル、ニュージーランド、パプアニューギニア、韓国、シンガポール、台湾(台湾からの直行便のみ)、イギリス

※ビザ免除プログラム(VWP)の参加航空会社・船会社をご利用でない場合、ESTAの申請が必要となります。詳しくはアメリカ大使館へお問い合わせください。

入国に必要な書類

入国時にはアメリカ政府の規定により、パスポートに加え、下記書類の記入および提出が必要となります。提出する書類は、入国方法によって異なります。
書類はすべて飛行機内で配布されます。

1.  ESTA未申請者(グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラムを利用した45日以内の滞在)

I-736、通関申告書

  • I-94は2018年1月より記入および提出が不要となりました。
  • I-736は従来の用紙による提出に加えて、事前のオンライン登録が可能になりました。
    事前のオンライン登録をした場合も入国時にはI-736の提出が求められます。印刷をして、署名をしたものを携行してください。印刷は、ご出発7日前〜ご出発日に印刷したものをご利用ください。7日より早く印刷した物は無効となります。
    オンライン登録は米国国土安全保障省(CBP)のウェブサイトから行えます。(英語のみ)
    https://i736.cbp.dhs.gov/I736/#/home

2. ESTA申請者(米国ビザ免除プログラムを利用した90日以内の滞在)

通関申告書のみ

3. VISA取得者(90日以上の滞在)

通関申告書のみ

未成年者(18 歳未満)の北マリアナ諸島渡航について

18歳未満の方が単独、または姓の違う親・親族の大人と渡航する場合、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)より、両親または同行しない親からの「渡航同意書」(英文)が必要となる場合があると通達されています。渡航同意書は任意の様式で問題ありません。

現在、北マリアナ諸島・入国の入国管理はアメリカ合衆国に準じており、サイパン島への入国の際にも同様に同意書の携行をおすすめいたします。ただし、この同意書は入国管理官より促された場合にのみ提示するもので、入国審査時に渡航者より提示するものではありません。

上記情報は、今後変更される場合もありますので、最新情報は以下CBPウェブサイトをご参照ください。
https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/3643/kw/child/

日本人の観光目的渡航に関する一般旅行者および旅行業界関係者からの問い合わせは、以下のフォームより受付けております。

一般の方向けお問い合わせフォーム
旅行業界・メディアの方向けお問い合わせフォーム

税関手続き

国際線の空港では、税関で、税関申告書を提出します。個人使用・消費目的のため無税で持ち込み可能な範囲は、以下の通りです。

タバコ
1カートン(200本)まで、刻みタバコ 1ポンド(453g)まで、葉巻 1箱(~40本)まで
アルコール、酒
ビール等麦芽飲料 288オンス(350ml×24本)まで、ワイン・日本酒 128オンス(750ml×5本)まで、蒸留酒 77オンス(750ml×3本)まで

[注意 ! 持ち込み制限]
肉製品・乳製品・果物(加工品は可)・野菜類・植物(切り花は日本出国時に検疫とサイパン入国時に申告すれば可)