水深18mの砂地にアイスクリームのような形のサンゴの根があることが名前の由来。アカヒメジ、ミナミハタタテダイの群れ、クマノミなどが住みついています。水深の浅い部分の周辺に、頻繁に現れるマダラトビエイの群れ。サンゴの間には、赤と黒のクマノミ「ダスキーアネモネフィッシュ」など、可愛らしい魚に多く出会えます。