ボトムが60mまで落ち込む、豪快なドロップオフポイント。
壁沿いに潜るので、中性浮力のテクニックは必要。

壁にはクレパスやトンネルが多数あり、中をのぞくとエビや小魚などが隠れています。
ドロップオフより沖に出る際、透明な海中に身をまかせ浮遊感を満喫できます。