マッピ山項にある断崖絶壁で、ここからの眺望は大パノラマが広がります。
ポイント名「自殺の崖」の通り、太平洋戦争中にここから多くの人が飛び降り自殺をした悲割の場所。
現在は平和記念公園となっています。