サイパンの治安

ガラパンやススペなどの市街地は特に問題はありませんが、夜間の一人歩きは避けましょう。パスポートや多額の現金などの貴重品はホテルのセーフティボックスに預けましょう。

レンタカーで出かける場合、カメラ、現金、カードなどの貴重品は車内に置かず必ず身に着けてください。レンタカーを狙った車上荒らしの被害が報告されています。

緊急時

警察・救急車・消防への通報は局番無し 911 です。
海外旅行障害保険に加入している場合は、日本語救急サービスに連絡し、指示を受けましょう。


違反事項

  • サンゴの捕獲、国外への持ち出しは禁止されています。
  • ビーチをはじめ公共の場で裸になることは禁じられています。

喫煙・飲酒

喫煙・飲酒の年齢制限があります。煙草は18歳、お酒は21歳以上と定められています。アルコールは22時以降の販売が禁止されています。喫煙については公共の場所での喫煙を禁止する禁煙法が施行されておりますのでほとんどのレストラン、コーヒーショップ、ホテル客室が禁煙です。

パスポートの紛失

パスポートを紛失した際は、すぐ警察に連絡して紛失証明書を発行してもらいます。この証明書と写真2枚を持参して、日本国総領事館で再発行手続をとりましょう。短期滞在の場合は、渡航証明書を発行してもらいます。再発行手続きには、旅券番号や発行年月日が必要なので、あらかじめ控えておくといいでしょう。

海外旅行障害保険

万一の場合に備えて日本ご出発前に海外旅行傷害保険にご加入されることをお勧めします。クレジットカードに付帯する保険の補償額は病気等では不足する場合もありますので、必ず保証額をご確認の上、補完する海外旅行傷害保険への加入もご検討ください。