入国ビザと入国審査料

日本国籍の方はVISAとESTA無しで45日間、ESTAを申請すればVISA無しで90日間の滞在が可能です。

北マリアナ諸島(サイパン・テニアン・ロタ)では、2009年11月28日よりグアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム(Guam-CNMI Visa Waiver Program、以下GCVWP)が施行されました。 また、これに伴い入国審査料(7米ドル)が新たに徴収されることになりました。入国審査料の支払いは航空券が発券される際に併せて徴収されます。

日本国籍の方で45日間以内の滞在

GCVWPでビザ免除

グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム(GCVWP)とは

※ ロシア国籍の方はこちら(英語)

日本国籍の方で90日以内の滞在

VWPでESTA申請によるビザ免除

ビザ免除プログラム(VWP)とは
ESTA(電子渡航認証)の詳細
ESTA公式申請サイトはこちら

<ご注意>2010年9月8日よりESTA申請は有料となりました。

<ご注意>上記入国に関する情報は予告なく変更となる場合がございます。必ず該当ホームページ内にて情報をご確認くださいませ。

グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム、ビザ免除プログラムに関する詳細については、以下をご参照下さい

◆DHS(U.S. Department of Homeland security):
http://www.dhs.gov/files/programs/gc_1233262026612.shtm

入国時の必要書類

入国時には米国政府の規定により、パスポートに加え、下記書類の記入および提出が必要となります。提出する書類は、下記の1~3の入国方法によって異なります。

1.  ESTA未申請者(グアム-北マリアナ諸島ビザ免除プログラム…45日以内の滞在)

I-94、I-736、通関申告書

2. ESTA申請者(ビザ免除プログラム…90日以内の滞在)

通関申告書のみ

3. VISA取得者

通関申告書のみ

※上記書類は、すべて飛行機内で配布されます。

未成年者(18 歳未満)の北マリアナ諸島渡航について

18歳未満の方が単独、または姓の違う親・保護者と渡航する場合において、アメリカ合衆国税関・国境警備局(CBP)より、両親または同行しない親からの「渡航同意書」(英文)が必要となる場合があると通達されています。

現在、北マリアナ諸島・入国の入国管理はアメリカ合衆国に準じており、サイパンへの入国の際にも同様に同意書の携行をおすすめいたします。ただし、この同意書は入国管理官より促された場合にのみ提示するもので、入国審査時に渡航者より提示するものではありません。

渡航同意書は任意の様式で問題ありませんが、サンプルが必要な場合は観光局までメールにてご連絡ください。

上記情報は、今後変更される場合もありますので、最新情報は以下CBPウェブサイトをご参照ください。
https://help.cbp.gov/app/answers/detail/a_id/268/kw/child/sno/2

日本人の観光目的渡航に関する一般旅行者および旅行業界関係者からの問い合わせは、マリアナ政府観光局日本事務所で受付けております。

税関審査

国際線の空港では、税関で、税関申告書を提出します。個人使用・消費目的のため無税で持ち込み可能な範囲は、以下の通りです。

タバコ
1カートン(200本)まで、刻みタバコ 1ポンド(453g)まで、葉巻 1箱(~40本)まで
アルコール、酒
ビール等麦芽飲料 288オンス(350ml×24本)まで、ワイン・日本酒 128オンス(750ml×5本)まで、蒸留酒 77オンス(750ml×3本)まで

[注意 ! 持ち込み制限]
肉製品・乳製品・果物(加工品は可)・野菜類・植物(切り花は日本出国時に検疫とサイパン入国時に申告すれば可)