ロタブルー、という言葉を聞いたことがありますか?

これは北マリアナ諸島の一つ、ロタ島の海の青さの美しさを表現した言葉です。サイパンとグアムの真ん中ほどにあるこの島、サイパンやグアムに比べてほとんど人間の手が加わらない、本当の自然のままの美しさを堪能できる静かな島ですが、世界中のダイバーの憧れの地でもあるのです。

このエリアの海は普段でも30mほど、コンディションの良い日は70m近いといわれるほどの抜群の透明度!蛍光に光っているかと思うほどの独特の青い色は、そこが海であることを忘れさせ、宇宙を泳いでいるような幻想的な気分にさせてくれます。

ダイビングスポットの中では、洞窟ポイント「ロタホール」がもっと有名。洞窟の天井の穴から太陽が差し込み、スポットライトのように一筋の光が差し込む様子は、神の降臨を思わせるほど。

スノーケリングや水泳でも、あるいはビーチでのんびり過ごしていても、ロタブルーの美しさを味わうことはできますが、せっかくここまできたら、ぜひともダイビングで、この幻想の世界に包まれてみて。